寿命の長さやサインとは|給湯器を選ぶならランキングをチェックしよう!

給湯器を選ぶならランキングをチェックしよう!

作業員

寿命の長さやサインとは

給湯器

寿命

お湯を出すときに必要な給湯器ですが、機械である以上寿命というものがあります。一般的に給湯器の寿命は8年から10年程度といわれています。もちろん機械の種類や使い方によって差はあります。負担をかけすぎれば8年もたたずに故障してしまいますし、上手に使えば10年以上もつ給湯器もあります。また給湯器を設置してから、ある程度時間が経過すると修理か交換か迷うこともあるでしょう。その場合は業者に見積もりを出してもらい、新しく交換するときの費用と比べてみましょう。そうすると修理よりも交換したほうが良いケースもあります。また各メーカーでは給湯器部品の供給期限は製造終了後10年という方針があるため、最低10年以上使っていて故障した場合は修理できないこともあります。

寿命のサイン

給湯器を長年使っていると、機械の調子が良くないと感じることが少なくありません。機械であるため寿命はつきものですが、次のような状態が頻繁に起きると修理や交換のタイミングかもしれません。まず機械のエラーコードが頻繁に出る場合で、電源のOFF/ONで良くなっても、すぐにエラーコードが出る場合は注意が必要です。また給湯温度についても、設定温度とシャワーなどから出る水の温度が一致しない場合は要チェックです。更に給湯器から大きな音が出続けたり、着火時に爆発するような音が出たりする場合も修理や交換が必要になるでしょう。給湯器の排気が黒くなっていると、中で不完全燃焼を起こしている可能性があり気を付けなければなりません。これらのような事象が起きたら早めの対応が必要です。